沖縄県内の人気離島情報

沖縄県南西部の人気離島・宮古島と石垣島

本島の数百キロ南西にはたくさんの離島がありますが、その中には本島や九州からだけでなく全国各地の主要空港から直行便でアクセスできる島が2つあります。それは、宮古島と石垣島です。この2つの島は本島ほどではないものの空港付近が都市として発達しており、全国チェーンの飲食店なども続々出店している状況です。鉄道やモノレールの路線はありませんが、島を走るタクシーの合計台数は多いですし、市街地を巡るバス路線があるため何不自由ない状況下で快適に過ごせます。なお、これらの離島は、夏場だけでなく冬場における人気も上昇中です。本島よりもさらに緯度が低いため気候が極めて温暖で、1月・2月あたりでも日中であれば薄着で過ごすことができます。

沖縄本島付近の人気離島・久米島

沖縄県南西部だけでなく、別の地域にも人気離島は存在します。例えば、沖縄本島の約100km西に位置する久米島はその代表例です。基本的なアクセス方法としては、沖縄本島南部の那覇空港から飛行機で向かう形になりますが、沖縄本島からはわずか30分で到着します。そのため、沖縄本島を長期間旅する人達の中には、滞在中に時間を取って久米島まで日帰りまたは泊りがけで遊びに行くような人もいます。なお、年間を通じてではないものの夏季限定で本州内の一部大規模空港からの直行便も運航しており、夏場には特に人気が高まります。この島の名所と言えるのは島の東端に広がるイーフビーチで、こちらは南北幅が約4kmもあるため夏場でも混み合う事がありません。

沖縄ツアーでは沖縄の伝統衣装である琉装を着て、スタジオで撮影したり観光スポットを散策することができるツアーが人気です。