沖縄本島を旅する事のメリット

沖縄本島は交通利便性が高い

沖縄県内には150を超える離島がありますが、交通利便性の良いところは数えるほどしかありません。またすべての離島には鉄道・モノレールが通っていないため、島内の移動手段が限られてきます。一方、沖縄本島であれば空港付近のエリアのみになりますが、モノレールに乗って各地を周遊する事が可能です。なお、このモノレールはICカードに対応しており、500円のデポジットを支払ってカードを駅で入手すれば観光客もカードを使ってスイスイ移動できます。また、沖縄本島は空港からも近い南部エリアから中央部にかけて続く高速道路が通っており、こちらを利用すれば各地の移動にあまり時間がかかりません。その他、タクシーの数も多いですし、バス停も各地に点在しています。

生活利便性も高い本島

沖縄本島は交通利便性だけが高いわけではありません。空港のある県庁所在地は人口が30万人を超える大都市で、市街地エリアは抜群の集客力を誇ります。ビジネスを展開する側としては、進出するリスクが低いため飲食店・衣料店をはじめとして沢山の全国チェーン店が出店してきている状況です。そのため、長期の旅行をする場合でも生活する上で特に苦労する事がなく、身近な場所でもなんでも買い揃える事が出来ます。そして、沖縄料理ばかり食べて飽きてきてしまった場合は、普段、本州において食べているチェーン店の料理を食べられます。その他、離島と比べて人気観光スポットの数が格段に多いため、長期の旅行をしている中で人気スポットに行き尽くしてヒマを持て余してしまう事もありません。

西表島のツアーでは珍しい生き物や植物が生息する島で、沖縄本島とはひと味違う自然を楽しめます。カヌーに乗ってジャングルを探検できます。また9月から10月は天の川、12月から6月には南十字星が見られます。