沖縄本島を旅する際の注意点

観光シーズンのピークに沖縄本島を旅する場合

沖縄の観光需要は夏場に入ると一気に高まります。そして、沖縄本島や県内各地に点在する100以上の離島には、飛行機に乗ってたくさんの観光客が押し寄せます。その中でも、交通利便性が高くて都市開発が進んでいる沖縄本島は本州在住者の間で人気ナンバー1です。そのため、夏場になるとまず評判の良い宿泊施設を予約するのが困難になります。宿泊料金が高い宿に泊まる事になったり、評判が良いとは言えないような宿にしか泊まれない事態を避けたい場合は、出来る限り早く宿の予約を済ませるようにしてください。 またレンタカーの需要も夏場は一気に高まりますので、島内を車で旅したい場合は当日に店に行って新規申し込みをするのではなく、出来る限り早く予約を済ませるようにしましょう。

その他の注意点を紹介

沖縄本島は本州の人達の間で交通網が発達しているイメージが強いと言われますが、全域の交通網が発達しているわけではありませんので注意が必要です。例えばモノレールが走っているのは南部の空港付近だけですし、高速道路も南部から中央部まで続きますが北部エリアは通っていません。そのため、沖縄本島の北部エリアを旅したい場合は、アクセス方法・所要時間などをあらかじめよく調べておく必要があります。また、都市開発が急速に進む本島は、少なからず海洋汚染の影響を受けている点にも注意が必要です。本島南部の空港そばにあるビーチは際立って海がきれいというわけではないため、完璧な美しい海の中で過ごしたいならば、空港に着いてから郊外エリアに向かわなければなりません。